World Music

World Music

Budhaditya Mukherjee / 100年に1人のシタール奏者

今日はインド古典音楽のシタールプレイヤー、Pt Budhaditya Mukherjeeを紹介しますよ。 Budhaditya Mukherjeeは1955年生まれ、2019年現在で64才のシタール奏者で、巨匠・名人クラスのプレイヤー...
World Music

『Mudang Rock』ジャズインプロ猛者4人による韓国伝統音楽 

Discogsで色々とCDを探していたら、ちょっと気になるCDを発見したのでご紹介 『Mudang Rock』(2018) この曲はアルバム1曲目の「Orange Kut」 Personnels Rudresh Maha...
World Music

Alim Qasimov & Michel Godard『AWAKENING』

2019年のベスト10を選んでいたのですが、「ジャズとワールドミュージックを紹介するブログ」と言いながら、ベスト10にワールドミュージックがぜんぜん入っていないことに最近気づきました。。 基本的にワールドミュージックはマーケットが小さ...
Jazz

Remember Shakti / リメンバー・シャクティ

ジャズ・ギタリストのジョン・マクラフリンが70年代にインド音楽のミュージシャンを集めて作った「シャクティ」の紹介
World Music

フン・タン(Huong Thanh)『ドラゴンフライ』

フン・タン(Huong Thanh)はベトナム・サイゴン生まれのヴォーカリストです。(おそらく1960年?生まれ) 彼女は2001年リリースのアルバム『ドラゴンフライ』で、特に日本のジャズ雑誌などで良くとりあげられていたようです。 ...
Jazz

Jazz meets India タブラを起用したジャズアルバム

どうも紗奈です わたしはジャンルでいうとジャズとワールドミュージックを良く聴いているのですけど、ワールドミュージックの中ではインド音楽が1番好きなジャンルかもしれません。 たまにジャズとインド音楽のミュージシャンが共演するアルバムが...
World Music

Joseph Tawadros / 白い影のカメレオンたち

今回は、ジョセフ・タワドロス(Joseph Tawadros)というエジプト・カイロ出身のウード奏者を紹介しますよ。 ウードは中東で多く使われるフレットレスの弦楽器ですね。 ウード奏者といえばイラクのムニール・バシールとかがワールド...
World Music

Joi 『One and One is One』

ムスリムのサディク・カーンがロンドン市長になったり、ボクシングのアミール・カーンが世界タイトルを獲ったりと、イギリス(特にロンドン)でパキスタン系移民は年々存在感を増していますね。 90年代にイギリスでクラブカルチャーが盛り上がってい...
World Music

Kaushiki Chakrabarty インド古典音楽No1ヴォーカリスト

インド古典音楽と言えばヴォーカル、特に女性ヴォーカルが最高ですよね インド音楽ではもちろんシタールなどのメロディー楽器も使われるのですけど、演奏する時のヴィブラートなどのテクニックも「いかに人が歌うように演奏できるか」を考えて発展して...
World Music

サムルノリ / 最後の放浪芸能集団

どうも紗奈です 今回、紹介するのは「サムルノリ」というグループ。 元々は韓国の放浪芸能集団「男寺党(ナムサダン)」の最後の世代である金徳洙(キムドクス)が中心となって1978年に結成されたグループ名のことです。 プンムルノリと...
World Music

ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン /カッワーリ最高のシンガー

どうも紗奈です ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン(Nusrat Fateh Ali Khan)は、パキスタンのイスラム伝統音楽であるカッワーリのシンガーで、ワールドミュージックの最大のスターと言って良いミュージシャンだと思います。 ...
World Music

Dengue Fever デング熱という名を持つカンボジアン・サーフロック・バンド

どうも紗奈です 今回紹介したいのはデング・フィーバー(Dengue Fever)という名前のグループです。 彼らはピーター・ガブリエルのrealworldレコードからアルバムを出した事もあるのですが、なかなかインパクトのあるグループ...
Jazz

Crosscurrents Trio / クリス・ポッター、ザキール・フセイン、デイブ・ホランド

※201910/11にCrosscurrents Trioのアルバム『Good Hope』が正式にリリースされました。 リリース後にあらためてアルバムレビューを書きました。 以下はアルバム発売が発表された、まだ音源は未発...
スポンサーリンク