ワールド

Nathalie Joachim『Ki Moun Ou Ye』

これはX(旧twitter)を眺めていて知ったアルバム。 Nonesuchレーベルのアカウントが彼女のアルバムを紹介していたんですよね。 なんとなく名前は聞いたことあって、今回初めて聴いたアーティストなのだけど、掛け値なしに素晴らしいアルバ...
ジャズ

チェス・スミス『LAUGH ASH』

なぜかサムネ写真のアンナ・ウェバーの顔が怖すぎなんですが、、
ジャズ

ヴィジェイ・アイヤー・トリオ『Compassion』

ピアニストのヴィジェイ・アイヤーが、ドラムのタイショーン・ソーリー、ベースのリンダ・メイ・ハン・オーを迎えたトリオで『Compassion』をECMレーベルからリリースしました。 このメンバーとしては、2021年の『Uneasy』に続く2作...
ジャズ

メアリー・ハルヴォーソン『Cloudward』

2024年にリリースしたアルバムで一番初めにブログに書くのがこのアルバムというのはうれしい。 ギタリストのメアリー・ハルヴォーソン(Mary Halvorson)が、2022年にリリースした『Amaryllis』のメンバーを再び召集して作っ...
ロック/ポップス

ピーター・ガブリエルの帰還『I/O』

「このミュージシャンの存在を知らなかったら、自分が聴く音楽はおそらく今とはずいぶん違ったものになった」 そう言えるくらい影響を受けたミュージシャンというのは数人しかいないと思うのだけど、ピーター・ガブリエルは間違いなくその数少ないミュージシ...
電子音楽

エルサレム・アンダー・ファイア!

2023年10月7日 この日、ハマスの戦闘員がガザ地区とイスラエルの境界線を越えてイスラエル領内に入り、多くのイスラエル市民が犠牲になり、また人質にとられました。 これを書いている2024年1月15日時点では、まだ衝突(というよりもイスラエ...
雑談

Who is André 3000 ?

もう去年末、2023年末にリリースされたアルバムの話題ですけど、当時は仕事の方が忙しくて投稿できなかったアンドレ3000の新作の件 アトランタ出身のラッパー、ソングライター、音楽プロデューサーで、ヒップホップデュオのアウトキャストのメンバー...
ジャズ

アンブローズ・アキンムシーレ『Owl Song』

アンブローズ・アキンムシーレというと、彼はもうすでに彼の同世代を代表するトランペット奏者になりつつあると思うのですけど、1982年生まれというともうすでに40代にはいっているわけで、ミュージシャンとしてはもうベテランの域に入っていると言って...
2023

2023年 ベストアルバム5選

2023年という年はというと、個人的には仕事が忙しい時期がけっこうあり、正直あまり音楽を聴く時間を取れなかった年だったかもしれません。 ブログの更新も滞る時はかなり長いスパンが空いた時期もありました。 加えてブログを書いてる時には、取り上げ...
ジャズ

アンジェリカ・ニーシエ『Beyond Dragons』

ポーランド生まれのドイツ人アルト/ソプラノ・サックス奏者、アンジェリカ・ニーシエ(Angelika Niescier)の新作『Beyond Dragons』 彼女は最近では主にヨーロッパ(ドイツ)で活動をしていて、特にコロナパンデミック中は...
ジャズ

ケイト・ジェンタイル『Find Letter X』

. ドラマーで作曲家のケイト・ジェンタイル(Kate Gentile)によるソロ名義アルバム『Find Letter X』 CDにして3枚組、トータル3時間以上という大ボリュームの作品です。 ケイト・ジェンタイルというと、ピアニストのマット...
R&B

プリンス『Diamonds And Pearls – Super Deluxe Edition』

さあ、プリンスファンのみんな、パーティだよ!
ジャズ

The Angelica Sanchez Nonet 『Nighttime Creatures』

ピアニストのアンジェリカ・サンチェスが、Nonet(9人組)形式でリリースしたアルバム『Nighttime Creatures』 クリス・デイビスのレーベルであるPyroclastic Recordsからのリリースです(このレーベルのアルバ...
R&B

Jamila Woods『Water Made Us』

すべての水は完璧な記憶を持っていて、永遠に元の場所に戻ろうとする
雑談

Bandcamp United!

Bandcampが存続の危機に瀕しています。 「Bandcampはミュージシャンにとって理想的なプラットフォームだ」という投稿を以前書いたのですが、そのBandcampが以前のような運営を続けることができるのか、ちょうどいまその帰路に立って...