album review

Jazz

母となるトランペット奏者ステフ・リチャーズによる即興アルバム『Zephyr』

共演はピアニストのジョシュア・ホワイト
Jazz

”元” ジャズオルガン奏者ラリー・ゴールディングスの新作『Earthshine』

ラリー・ゴールディングスは、「ジャズミュージシャン」であることに、もうあまり興味がないのかもしれない。
Avant-gerde

シャアビ、フリージャズを経てモーリス・ルーカが辿りついた『幸福な時間』

最近Webでアルバムを見かけて「オッ、これは!」と思った、エジプト在住のミュージシャン・作曲家の、モーリス・ルーカ(Maurice Louca)の新譜『Saet El-Hazz』について ルーカについては今回はじめて名前を聞いたの...
Jazz

もとに戻らない「もつれ」

フィラデルフィア出身で、フリージャズとポエトリー・リーディングを組み合わせたグループIrreversible Entanglementsによる3枚目のアルバム『OPEN THE GATES』
Computer Music

ジョン・オズワルド「このテープには擦り傷がある」

ジョン・オズワルドが1980年代にテープで配っていた音源『Mystery Tapes』を聴いてみた
World Music

アイリッシュトラッドとインド音楽を融合したMishraの2ndアルバム『Reclaim』

イギリスのシェフィールドを拠点に活動を行うフォーク/トラッドグループ、ミシュラ(Mishra)彼女たちの2ndアルバム『Reclaim』の紹介
World Music

マンボ革命! オルケスタ・アコカン『16 RAYOS』

メンバーみんな並んでの写真撮影はラテンの定番だ
Computer Music

キング・ブリットとタイショーン・ソーリーの共演『Tyshawn & King』

キング・ブリットとタイショーン・ソーリーによる共演アルバム『Tyshawn & King』 SNSでリリース情報を読んでからずっと聴くのを待っていました。 最初に簡単に共演の2人の紹介を キング・ブリットは、フ...
World Music

ペトローナ・マルティネス『Ancestras』

ブジェレンゲの生ける伝説、ペトローナ・マルティネスが世界中のゲストを迎えて作られたアルバム
Jazz

オルガンマスター、ジョーイ・デフランセスコの新トリオによる新作『More Music』

オルガン奏者ジョーイ・デフランセスコ(Joey DeFrancesco)の新作『More Music』の紹介 ジョーイ・デフランセスコについてはジャズファンならおなじみと思うので、今回はプロフィール的な話は無しで、アルバムを聴...
Jazz

クレイグ・テイボーンの作る 60秒×60曲の音空間

クレイグ・テイボーンの60 × Sixtyは1曲60秒で60曲、トータルきっかり60分の音源が聴けるコンセプチュアルなホームページ
Jazz

トロンボーン奏者ジェイコブ・ガーチク(Jacob Garchik)の仕事

今日はトロンボーン奏者ジェイコブ・ガーチク(Jacob Garchik)のこれまでの活動について ガーチクはいちばん最近ではサックス奏者アンナ・ウェバーの『Idiom』『Clockwise』といったアルバムにも参加していました...
Jazz

Henry Threadgill’s Zooid 『Poof』レビュー

作曲家/サックス奏者であるヘンリー・スレッギルが過去20年以上に渡り続けてきたグループ Zooid そのZooidが今年2021年に新作『Poof』をリリースしました。 2015年にリリースされたZooidのアルバム『In ...
Jazz

パスクァーレ・グラッソによるエリントン集『Pasquale Plays Duke』

パスクァーレ久しぶりのギタートリオアルバム。ゲストヴォーカルはサマラ・ジョイとシーラ・ジョーダン
World Music

プルバヤン・チャタルジー『Unbounded -Abaad』

シタール奏者 プルバヤン・チャタルジー(Purbayan Chatterjee)の新作アルバム『Unbounded(Abaad)』 このアルバムは、厳密には彼のソロアルバムというよりも、最近スタートしたSufiscoreという...