スポンサーリンク

デビッド・クラカウアー(David Krakauer) / クレズマー・マッドネス!

David Krakauer(デビッド・クラカウアー)は1956年生まれのクラリネット奏者

クレズマーをベースに、ジャズやクラシック、アヴァンギャルドミュージックといった幅広いジャンルを高い演奏スキルで吹きこなすプレイヤーです。すでにクレズマー・クラリネットプレイヤーとしてはレジェンドクラスでしょうね。

前回紹介したように、1980年代のクレズマーリバイバルの代表的なグループであるクレズマティックスに、『Rhythm and Jews』『Jews with Horns』の2枚のアルバムで参加した後に自身のグループを組んで活動することになります。

ソロになってからはジャズやクレズマーだけでなく、クロノス・カルテットの共演、ラップトップによるビートの導入、JB’sのフレッド・ウェズリーとファンクテイストのグループなどなど、かなりバラエティ豊か

そんなクラカウアーのソロアルバムから5枚チョイスして紹介しますよ。

『Klezmer Madness!』(1995)


Michael Alpert(Accordion, Vocals)
David Krakauer(Clarinet, Bass Clarinet)
David Licht(Drums)

クレズマティックスを脱退してリリースしたソロ1作目のTzadik盤。

ほとんどの曲はクレズマーのトラディショナルソングでかなりシリアスな曲が多いですね。陽気なダンスチューンみたいなクレズマーを期待すると肩透かしかも。
また基本3人によるトリオ演奏なので、各メンバーのインタープレイの比重は高めかも。いや、かっこいいです。
Brave Old Worldのマイケル・アルパートと共演というのもかなり貴重です(たぶん)

『The Twelve Tribes』(2002)


Will Holshouser(Accordion)
Nicki Parrott(Bass)
David Krakauer(Clarinet, Horns [Shofar], Vocals)
Kevin O’Neil,Roger Kleier(Guitar)
Roger Kleier(Loops)
Kevin Norton(Percussion)

クラカウアーのアルバムを1枚選べと言われればこのアルバムかも。

前作『A New Hot One』(←これも名作)でも聴かせてくれたノリが良いダンスチューンに、エレクトリックギター、エレクトリックベース、サンプラーによるループなどを加えて厚みを増し、よりダイナミックなグループに変貌しています。

クラカウアーの音楽はfestive(祝祭的、お祭り気分)と形容されることも多いのですが、彼の音楽を表現するのにこれ以上の言葉はないかも。もう大音量でガンガン聴きたい音楽ですね。

この後に長く続くことになるクラカウアーのグループのコンセプトはこのアルバムでほぼ形になります。メンバーはこの後に一部変更になり、シェリル・ベイリー(guitar)、Socalled(Loops)、Micheal Sarin(drums)に交代しますね。この編成のグループをKlezmer Madness!と呼んでいるよう。

このKlezmer Madness!のライブ映像はこちら

『Bubbemeises: Lies My Gramma Told Me』(2005)

これはもう文句なく楽しい。

メンバーは『The Twelve Tribes』とほぼ同じと言って良いのですけど、サンプラーのSocalledを大きくフィーチャーしたアルバム。かなりの曲で彼がコンポーザーとしてクレジットされています。

全編に渡ってサンプリングやヒップホップっぽい 打ち込みビートがフィーチャーされていて、祝祭感がさらに増しています。こういうのを聴くと「これこれ!」という気になりますね。
やっぱり「ヒップホップ とジャズの融合」とか言ってカッコつけてる音楽はお呼びじゃないんですよ。
それにしてもどんなバックトラックにも違和感なく合わせるクラカウアーの引き出しの多さはさすがですね。

『The Big Picture』(2015)

ウディ・アレンやロマン・ポランスキーなど、ユダヤ系監督の映画で使われた曲を演奏した映画音楽集。Tzadikでやっていてもおかしくない感じの企画盤。

ウディ・アレンの『Midnight in Paris』でフィーチャーされていた「Si Tu Vois Ma Mere」のように、戦前から続く古き良きアメリカ音楽への愛情あふれる演奏ですね。
クラカウアーのアルバムの中では最もクレズマーっぽさのないアルバムですね。

『Pruflas (Book Of Angels Volume 18)』(2012)

クラカウアーが第二期マサダに参加した時アルバム。
マサダはふだんユダヤ音階のコンポジションなどはまったく演奏しないグループが担当することも多く、ゾーンもあえてそういう意外性のある組み合わせをあえて選んでいるように思います。

そういうミュージシャンのいつもと違う一面が聴けるのがマサダの魅力でもあるのですけど、クラカウアーのこのアルバムはいつも通りのグループサウンドが聴けます。「最初にテーマを吹いてしまえば、後は自分たちの好きなようにプレイさせてもらうよ」と言っているかのよう。
強いていえば、シェリル・ベイリーのディストーションギターがかなりフィーチャーされているかも。

第二期マサダでもトップクラスに良いアルバムだと思いますし、ゾーンも参加したくなったのか1曲(ノンクレジットで)参加していますね。

Jazz
スポンサーリンク
サナコレ