スポンサーリンク

R.I.P チャールズ・ウォリネン(1938年6月9日- 2020年3月11日)

たまたまAlvin Curranのアルバム紹介を書いた後に、チャールズ・ウォリネン(Charles Wuorinen)の訃報のニュースが届きました。

チャールズ・ウォリネン(Charles Wuorinen, 1938年6月9日- 2020年3月11日)はニューヨーク生まれの現代音楽の作曲家。
1970年に最年少でのピュリッツァー賞を受賞。マッカーサー・フェローなど、まさに名実ともに現在を代表する作曲家ですね。
ウォリネンは、ジョン・ゾーンいわく「最高の作曲家のひとり」であり、ゾーンは自身のオールタイムベスト10を選ぶという雑誌の企画で、ウォリネンのレコードを挙げていましたね。

12音技法

わたしは現在音楽というとぜんぜん詳しくないのですが、ウォリネンの作曲技法はというと「12音技法」が特徴的と言われています。

「12音技法」というのは半音12音を等価に扱うという技法で、簡単に言うと調性という制限から抜け出して自由な表現を行うことが狙い。いろんな作曲家が同時並行的に発展させてきたのですが、シェーンベルクと彼の弟子であるヴェーベルンが有名だそう。

ウォリネンのスタイルは「12音技法」だけではなくそれをさらに発展させたセリエル音楽だともいわれていますが、セリエル音楽という技法は一般に「難しすぎてみんな同じに聴こえちゃう」という問題を抱えているようで、ウォリネン本人も「セリエル音楽という言葉は無意味だ」としてセリエル音楽家と言われることに拒否反応を示しているようです。
インタビュワーの「あなたの曲はセリエル音楽と言われていますが、、」という質問に、「君はセリエル音楽をどう定義するのかね?」と厳しく突き放したりするけっこう気難しい人でもあったよう。

シンプル・コンポジション

ウォリネンの著作に「シンプル・コンポジション」というタイトルの、彼の「12音技法」について解説した本があるのですが、聴覚的に「わかりやすい」作曲を提唱しているようです。
彼は(ミルトン・バビットなどのように)最初期のコンピューターによる音響合成も取り入れた作曲家だったのですが、こういう取り組みも彼の聴覚的な響きへのこだわりから来ているでしょうね。

こちらはピューリツァー賞を受賞した「Time’s Encomium」

わたしはこの曲はTzadik盤「Lepton」で初めて聴いたのですが、シンプルな電子音が多層的に絡み合うさまがいま聴いても刺激的。
そして高度でありながらもとても「わかりやすい」

ウォリネンのwikiにはこの「シンプル・コンポジション」について興味深いエピソードが載っていました。
ジャズトランぺッターのデイブ・ダグラスが、1992年にウォリネンの「シンプル・コンポジション」をブルックリンの公立図書館で見つけた時のこと。
最初にこの本を読んだ時、「これだ!ついに私が悩んでいた問題が解決法を見つけた!」と思ったよ。
ただ、後になってこの本に書かれていることはゴールではなく、ただのスタートだと分かったよ
と語っていました。

「シンプル・コンポジション」という本は小編成のインプロ主体の音楽における作曲に大きな影響を与えた、とも言っていましたね。

デイブ・ダグラスは1993年のデビュー・アルバム「Parallel Worlds」でウェーベルンやストラヴィンスキーを取り上げたりと、かなり現代音楽への影響をうかがわせていましたね。
このアルバムで共演したマーク・フェルドマン(violin)、エリック・フリードランダー(cello)、マーク・ドレッサー(contrabass)といった人選も、クラシック・現代音楽的なアプローチで即興演奏をプレイできるミュージシャンだからでしょうね。

ウォリネンとは関係ないですが、たまたまウォリネンの訃報の翌日(3/12)にベーシストの菊地雅晃さんが、デイブ・ホランドと12音技法についてのエピソードをツイートしていました。

こういうのを読んでも
「やっぱり今のジャズミュージシャンって、みんなこういう現代音楽的なアプローチは不可欠なんだな」
と思ったりもします。

ブロークバック・マウンテン

ウォリネンの最近の仕事として、ブロークバック・マウンテンのオペラが有名。
「ブロークバック・マウンテン」は、原作はE・アニー・プルーの同名の短編小説。アメリカ中西部を舞台に、それぞれ家庭をもちながらもお互いに惹かれあう2人の男性の姿を描いており、アン・リー監督で映画化もされました。
ちなみにウォリネン自らも長年マネージャを務めた同性のパートナーと法的に結婚しているそうです。