スポンサーリンク

ノストラダムス : サタンの死

現在のTzadikレーベルにおいて看板アーティストと言っても過言ではない、Simulacrumの新作『Nostradamus: The Death Of Satan(ノストラダムス:サタンの死)

去年2020年も2枚のアルバムをリリースしており、今年も『Chaos Magick』に続き2枚目と、かなりのハイペースにレコーディング/リリースしています。

このアルバムについてTzadik公式の解説文を読むと
「“Nostradamus” is Zorn at his very best」(『ノストラダムス』はゾーンの最高傑作)
とまで書いています。
ここまでベタ褒めしているのって、ちょっと今まで見たことないですねー。

ゾーンがこのグループをお気に入りなのはもう明らかで、おそらくメンバーが「もうそろそろ勘弁してくれないか。他にも仕事はあるし」と言うまでひたすらレコーディングさせるつもりなのかもしれません。それはそれでウェルカムなのですけど。

『ノストラダムス』というタイトルからわかるように、オカルトチックな雰囲気の曲調にハードコア/スラッシュメタルな演奏。
まあこれはこれまでの路線を踏襲したアルバムと言えますね。

これまでのアルバムも大好きだったですし、今回のアルバムにしてもちょっと言葉が出ないですね。
「あーはい、最高、最高」という感想しかもう浮かんでこないですよね(スミマセン、、)

前作『Chaos Magick』は意図的にジャズロックっぽい演奏が多かったと思いますが、今回の『ノストラダムス』でも若干そういうテイストが残っているかも。

曲によってはハードコアじゃない静かめなパートも出てくるのですが、そんな時でも「オレ、実はこういう曲も叩けちゃうんだよね」と余裕しゃくしゃくでカッコよく演奏するドラムのKenny Grohowskiはさすがだな、と。

Personnel

John Medeski: Organ
Kenny Grohowski: Drums
Matt Hollenberg: Guitar

雑談
スポンサーリンク
サナコレ