スポンサーリンク

アナログレコードの「暖かみ」の謎が解けた!

「CDは高音質」は非常識?

わたしが音楽を聴きはじめた頃はすでにアナログレコードからCDに移行していたのですが、アナログレコードに比べてCDの方が高音質だというのは「世間の常識」だとずっと思っていました。

CDだとプチプチ言うスクラッチノイズも無いし、無音はどこまでも無音だし、溝の劣化などもないし。

ただいまでは「CDの方が高音質」は常識とは言えないみたいです。

レコードの音には「温かみ」がある派

最近ではサブスクリプションの台頭でCDの売り上げが減り、逆にアナログレコードは売上を伸ばしている状況が続いていて、ついにアナログレコードの売り上げがCDを追い抜きそうだという記事が話題になりました。

日本の雑誌でも、#レコード女子 みたいな感じでアナログレコードは「本物の」音楽ファンの必須アイテム的なプッシュのされ方をされているようです(「〇〇女子」というネーミングに何か居心地の悪さは感じるのですが)

そういったアナログレコードをプッシュしている記事を読むと

「アナログレコードは、CDより音が良いから音楽ファンに支持されている」

と書かれていることが多いです。
「CDは音に暖かみがない」「音にふくらみがない」「リアルじゃない」「音にガッツがない」などなど。

アナログレコードを聴いたこともあるのですが、「暖かみ」とか言われると「ちょっと何言っているのかわからない」と言いたくなります。

CDに「暖かみ」が無い理由

基本的にCDの音が悪いと言っている人が理由にあげる根拠は大きく2つみたいですね。
①サンプリングレート44.1khzで22khz以上の音は折り返しノイズとなるため、高周波成分(=高音成分)をフィルターでカットしている
②サンプリング(16bit/44.1khz)による音の段差

①高周波成分のカット (ハイパーソニック・エフェクト)

CDが22khz以上をカットしているのは折り返しノイズ対策ですが、人間の耳にはほぼ聴こえない高い音だからカットしても問題ないということでCDの規格が決められたようです。
年齢によっても違いはありますが、人間が聴くことのできる高音は15khzくらいが限度のようですね。

アナログレコードが高音質だと考えている人のほとんどは、このCDの高周波カットのことを理由として挙げているようです。
アナログレコードは原理的に高周波も再現可能で、実際に高周波成分も含んでいるため、CDに比べてより原音に近く音に温かみを加えているというロジックらしいです。

ただ、この「高周波が音に温かみを加える」という話はとくに科学的根拠はなさそうです。

かなり昔に「可聴域外の高周波音を聴くと脳からα波が出てリラックスできる」みたいな話はたくさんあったようで、このような話が「高周波の音は脳に影響してる」といった誤解を生んだのではないかな?

ハイパーソニック・エフェクト

ちょっと話は変わりますがこの高周波音の人体への影響に関して芸能山城組の山城祥二さんが大橋力という名義で論文を書いているようです。「ハイパーソニック・エフェクト」というらしい。

この「ハイパーソニック・エフェクト」ですが、

高周波音を聴くと、がんやウィルスなど内外の敵から身を護る〈自律神経系〉〈内分泌系〉〈免疫系〉の働きが強くなって健康増進が期待されます。(https://www.yamashirogumi.jp/research/hypersonic/)

といったコメントまで書いてあります。
ホメオパシーみたいな、ある種オカルトめいた話に聞こえますし、ダブル・ブラインドテストなど適切な実験で実証されている理論なのか疑問です。

このハイパーソニック・エフェクトはイヤホンで聴くと効果がなくスピーカーで聴くと効果があるらしく、その理由として「高周波成分の振動を人の皮膚から感じ取っている」らしいです。それはさすがに、、

「高周波をカットしてるからCDの音が悪い」は明らかに間違い

「アナログレコードは高周波成分まで含まれているから音に温かみがある」という考えは決定的に間違っているようです。

なぜなら、CDよりもアナログレコードの方が、もっとたくさんの高周波成分がカットされているから

アナログレコードは15khz以上になると徐々にレベルが下がってきて、20khz以上になるとほぼ全カットされているようです。
アナログレコードは高周波成分の記録が「原理的に」可能という話はその通りですけど、実際に記録されているかは別問題
実際にはアナログレコードの高周波成分は、CDに比べてもあまり記録されていないということのよう。

これはカートリッジの性能などの物理的な制約があるため、そもそもレコードの刻まれるマスタリングの段階から高周波成分は削れているようです。

②サンプリングレート(16bit/44.1khz)による音の段差

CDのデジタルなので、音のデータが不連続になるというのはその通りだと思います。CDのサンプルレート44.1khzで、人間の可聴範囲である12khzくらいの音をサンプリングするとこんな感じ。

高周波になるほど少ないサンプル数で波形を読み取る必要があり、原音通りの波形の形にならないということのようですね。
いろんな記事を総合すると可聴域内の高周波(15khzくらい)だと、人間の耳で波形のギザギザが認識できるみたいです。

やはりこれはサンプリングというデジタル規格の宿命であり、デメリットと言って良いのかも。

そういう意味では16bit/44.1khzというスペックは、「人間が認識できないほどハイレート」とは言えず、スペック的にはもう一歩ではあるようです。

ただこういった波形のギザギザは、(シンセの矩形波を聴いた時のように)ある周波数のノイズとなって聴こえると思うのですが、「CDの音が悪い」と感じている人はおそらくノイズについて気にしている訳じゃないと思います。
このサンプリングレートによる段差は、24bit/96khzなどハイレートサンプリングの音源になるとほぼ人が認識できなくなるはずです。
ですが、おそらく「アナログの音が好き」という人は24bit/96khzの音源を聴いても同じように「CDは音に温かみがない」と言うのだろうと思います。

それ、ただの思い込み

「CDは音質が悪い」と言っている人は、おそらく本人は本当にそう思っているのだと思います。それはプラシーボ効果もあるのだと思いますけど。
「CDの音質が悪い理由がどこかにあるはずだ」と思い込んでいるので、高周波カットの話やサンプリングレートの話などCDのデメリットを目にすると、「やっぱりだ!音質が悪いのはこれに違いない、ユーリカ!」と早とちりしてしまっているように思います。

アナログレコードの「温かみ」の正体

ここまで書いて誤解してほしくないのは、わたしは「アナログの音質が悪い」と思っている訳じゃないということ。
ただしデジタルの方が「原音に正確」つまり解像度は高いのだろうとは思います。

ただ、そもそも高解像度がイコール「良い音」では無いのでしょうし。
解像度が高いモニターヘッドホンやモニタースピーカーは、楽しんで音楽を聴くには向かないというのはもう常識だと思います。
楽器ごとの音が分離して聴こえるし、(たとえばハイハットのような)高周波が耳障りに聴こえることも多いです。

音質(=解像度)と「良い音」はまったく別物なんです。

アナログレコードはCDよりさらに多く高音が削られていますが、これが高音の耳障りな成分をカットしているのは確かだと思います。
この高音カットがアナログレコードの「音の温かみ」になっているのではないでしょうか。

× 「CDは高音がカットされているから音が悪い
〇 「アナログレコードは高音カットされているから音が心地よい」

ということ

それに、音の解像度をとっても(CDに及ばないとはいえ)アナログレコードは健闘していると今回いろいろ調べて感じました。
アナログレコードには「外周と内周の音質差」「スクラッチノイズ」「カッティング制限のためのRIAA補正」など制約が多いのですが、(コスパはともかく)機材をそろえればリスニングには問題ない程度の解像度を得ることもできるようです。

アナログレコードのスクラッチノイズなんて、しばらく聴いていると脳が音を消してくれますしね(寝る時に時計の針のカチカチ言う音が気になることがありますけど、あの音は脳が必要ないと判断して勝手に聴こえないようにしてくれます)

アナログレコード悪くない

もろもろを考えて「お気に入りのアルバムはアナログで聴く」という人がいても、ぜんぜん不思議じゃないです。
古くからの音楽ファンでアナログレコードをたくさん持っている人は、わざわざCDに買いなおすほどの音質の違いでもないとも思いますし。

ただ、「アナログレコードは高音質だから良い」という風潮はやめた方が良いような。

今後、32bit/192khzのサンプルレートの音源など、明らかにアナログレコードより解像度の良いフォーマットも出てくると思いますけど、その時にアナログレコードファンはどう思うんだろ?

わたしはたぶん解像度の高いCDの音に耳が慣れてしまっているのでアナログレコードを買うことはないと思いますが、べつに音楽の素晴らしさは音質とかフォーマットとは関係ないのだと思いますけどね。

 

雑談
スポンサーリンク
サナコレ