スポンサーリンク

Jonas Hellborg 裏マクラフリン的 インド音楽アルバム3選 

Jonas Hellborg かんたんバイオ

Jonas Hellborgというと、ジョン・マクラフリンの第2期マハヴィシュヌ・オーケストラに参加していたバカテクベーシストとして名前を知っている人がほとんどだと思います。

スウェーデン出身のエルボーグは、1981年にスイスのモントルージャズフェスに出演したのをきっかけにサックスのマイケル・ブレッカーに知り合いになり、そのブレッカーにジョン・マクラフリン、ビリー・コブハムなどの当時のフュージョンシーンのスターを紹介されたそうです。
この時の出会いがきっかけで、その後にマクラフリンからマハヴィシュヌ・オーケストラに誘われたみたい。結局、1983年から1988年まで再結成マハビシュヌに参加することになります。

ただマハヴィシュヌ・オーケストラ以降の活動はというと、自分名義のアルバムリリースがほとんどで他のミュージシャンのアルバムに参加するわけでも無いし、ファン以外にとってはあまり馴染みの無いかも。
一時期(1988~1993)NYに移住していたみたいですが、その後はずっとパリに暮らしているらしく、アメリカのミュージシャンとの共演も少ないですね。

V Selvaganeshとの出会い

ハマヴィシュヌ後のエルボーグは、アラブパーカッションのGlen Velezやジョン・マクラフリントリオのパーカッショニストであるトリロク・グルトゥと共演したり、民族音楽っぽい指向のアルバムをいくつかリリースしています。このあたりはやはりマクラフリンの影響なのでしょうね。
ただこういったベースとパーカッションのデュオといったレコーディングも地味といえば地味。長くは続かなかったようですね。

エルボーグが自分の活動にインド音楽を取り入れるのは、V.Selvaganeshというパーカッショニストと出会ってから。
彼はこのあとマクラフリンの再結成Shaktiにも参加することになるパーカッショニストです。

エルボーグがSelvaganeshにあったきっかけというのは、1998年パリで(同じくShaktiメンバーの)ザキール・フセインのライブがあり、その会場に来ていたSelvaganeshに出会ったとのこと。
その後エルボーグは、Debashish Bhattacharya, Niladri Kumar, U. Shrinivasといったインド古典音楽のミュージシャンと共演をすることになります。

おすすめアルバム3選

今回は、そんなHellborgとSelvaganeshの共演アルバムからベスト3枚を選びましたよ。

Good People in Times of Evil


Jonas Hellborg  (bass)
Shawn Lane  (guitar)
V Selvaganesh  (kanjira, ghatam)

HellborgとSelvaganeshの初の共演アルバムです。
ギターはHellborgと共演の長いテクニシャンギタリストのShawn Lane。テクニカルなジャズロック風の演奏でなのですけど、Selvaganeshも手数の多い細かいフレーズで2人に対抗していますね。

Selvaganeshが演奏するのはカンジーラ(手のひらサイズの太鼓)とガタム(素焼きの壺。父親のVikku Vinayakramはガタムの巨匠ですね)で、オーバーダブしながらパートごとに使い分ける感じ。

Icon


Jonas Hellborg  (bass)
Shawn Lane  (guitar)
V Selvaganesh  (kanjira)
V Umashankar  (Ghatam)
V. Umamahesh  (Vocals)

Selvaganeshの兄弟2人が参加したアルバム。
パーカッション担当が増えたことで音の厚みが増し、ヴォーカルが入ることでインド色がより強まったアルバムです。

Shawn Laneはあまり目立たないですが、クリーントーンのギターでうまくバッキングに徹している感じです。

Hellborg-Selvaganesh-Laneの3人はなかなか相性良さそうで、どういうタイプの曲でも柔軟に弾きこなすことができるヴァーサタイルな組み合わせだったと思いますが、このアルバムをレコーディングしたくらいの時期にLaneが急逝したため、HellborgとSelvaganeshは別の形のグループを模索していくことになります。

Art Metal


Jonas Hellborg  (bass)
Mattias Ia Eklundh  (guitar)
Anders Johansson (drums)
V Selvaganesh  (kanjira)
Jens Johansson  (keyboards)

Hellborgがスタートさせたもうひとつのプロジェクトが、Art Metalというテクニカル系インストグループ。Mattias Ia Eklundhのディストーションギターがハードロック/メタル色を強めています。

Art Metalではドラムが参加しているため、Selvaganeshのパーカッションは埋もれてしまってほぼ存在感が無くなっていますね。

このアルバムのあと、Art MetalにはRanjit Barotというインド人ドラマーが参加します。
彼はジョン・マクラフリンのグループ4th Dimensionのドラマーでもあり、Selvaganeshに続きまたもやマクラフリン人脈からの起用ですね。

 

Jazz
スポンサーリンク
サナコレ