スポンサーリンク

Jazz meets India タブラを起用したジャズアルバム5枚

どうも紗奈です

わたしはジャンルでいうとジャズとワールドミュージックを良く聴いているのですけど、ワールドミュージックの中ではインド音楽が1番好きなジャンルかもしれません。
そんな訳でジャズとインド音楽のミュージシャンが共演するアルバムだとそれだけで手がでちゃいます。

タブラという楽器

ジャズとインド音楽の共演で多いのは、ドラムの代わりにタブラ奏者が参加するというパターンですね。

ジャズファンであれば、ジョン・マクラフリンのShaktiに参加したザキール・フセインとか、マイルス・デイビスやオーネットコールマンのアルバムに参加したバダル・ロイなどのタブラ奏者の名前を聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

タブラというのは北インド音楽で使われる大小ふたつの太鼓を使うパーカッションです。 小さい方の太鼓は高音を受け持っているのですが、固く張った皮のリムを叩くことで鳴るクリアな音がタブラの特徴であり、1番の魅力。(タブラでいう「Na」の音)
さらに皮のどこを叩くかで(7種類くらい?の)いろんな音を出せます。 (普通のパーカッションは「オープン」「クローズ」「リム音」くらいですよね)
この高音側のたくさんある音を低音側の太鼓と組み合わせるとさらに複雑になるのですが、このバラエティ豊かな音の組み合わせを使った、メロディアスで表現豊かな演奏というのがタブラの特徴です。

ドラムセットはすごく優秀な楽器だと思いますけど、特徴としては「ピッチ感」があまり無いのですよね。
逆にタブラは明確にピッチがあって、演奏前に入念にメロディ楽器のベース音とチューニングを合わせます。
インド音楽は演奏時間が長いので、場合によっては演奏途中にチューニングが外れることもあって、そんな時はメロディ楽器が弾き続ける横でチューニングをしちゃうこともあります。

ジャズミュージシャンがタブラと共演しようと思うのは、多分こういうピッチ感のあるパーカッションを使いたいからなんだろうなぁ、と勝手に想像しています

タブラ入りジャズグループ ベスト5

Ned Rothenberg’s sync 『Port Of Entry』

Ned Rothenberg  (alto saxophone, clarinet)
Jerome Harris  (guitar, acoustic bass)
Samir Chatterjee  (tabla, dumbek ,percussion)

このトリオ構成で他にも『Harbinger』というアルバムと、 Mark FeldmanとErik Friedlanderの2人をゲストに迎えた『Inner Diaspora』というアルバムをリリースしています。

サミール・チャタルジーというタブラプレイヤーはあまり他で名前を聞かないのですが、アメリカに移住してタブラの先生をしたりしている人のようですね。

アルバム全体を聴いても割りと前もってカッチリ準備されていたような演奏で、インド音楽にあるようなインタープレイは少なめ。
タブラ演奏もインド古典音楽みたいにハデに叩くのではなく、それぞれお互いのジャマをすることなく、アンサンブル重視の淀みない演奏ですね。

Bela Fleck, Zakir Hussain & Edgar Meyer『The Melody of Rhythm』

Bela Fleck   (banjo)
Zakir Hussain  (tabla)
Edgar Meyer  (bass)

Zakir Hussainは今年、サックスプレイヤーのクリス・ポッター、ベーシストのデイブ・ホランドとのトリオでアルバムリリースするようなので、こちらも要チェックですね。こちらはタブラ界のマスターZakir Hussainが、バンジョーのベラ・フレックと共演したアルバム。
Zakir Hussainのタブラの魅力はスピード感とグルーヴとよく言われます。このアルバムでもところどころ複雑な高速フレーズも聴けるのですが、まだまだ余裕そうなところが驚異的ですね。

Vijay Iyer Trio 『Tirtha』

Vijay Iyer  (piano)
Prasanna  (guitar)
Nitin Mitta  (tabla)

通常はピアノ・トリオやカルテット編成でオーセンティックなジャズを演奏する人なのですけど、『Tirtha』というアルバムでは、いつもと趣向を変えて南インド生まれのミュージシャン2人とトリオ演奏でレコーディングしています。Vijay Iyerは両親がタミル語圏からの移民、生まれはアメリカというインドルーツのピアニストで、若い頃はイェール大学で物理学を習ったりとなかなかのインテリな人みたいですね。 今でもハーバードで音楽とアートを教えたりしているみたいです。
twitterのコメントも長文で何か知的な感じです。(政治に関するツイートとかも多くて、行政に関する専門用語とか多くて良く意味がわかりません、、)

Prasannaというギタープレイヤーも南インドのカルナータカ音楽のミュージシャンのようで、ジャズギターのイメージは全然違いますね (音色とかも、リメンバー・シャクティのU Srinivasっぽいかも)

Iyerの演奏も(インド音楽の音階を使うなどもなく)あくまで西洋音楽のイディオムで演奏されているようです。ジャズとインド音楽がうまく交じり合わない感じが独特の緊張感を生んでいますね。

Rudresh Mahanthappa’s Indo-Pak Coalition ‎『Apti』

Rudresh Mahanthappa  (alto sax)
Rez Abassi  (guitar)
Dan Weiss  (tabla)

Vijay Iyerとの共演も多いサックスプレイヤーのRudresh Mahanthappaとパキスタン系のギタープレイヤーRez Abassiによる共演プロジェクト。

ここではタブラプレイヤーとしてアメリカ人のDan Weissが起用されています。
Dan Weissはタブラが本職という訳じゃなくてもともとはドラマーなのですけど、10代の若いころからタブラやフレームドラムなども習っていたようです(彼のタブラの先生はNed Rothenberg`s Syncに参加していたのSamir Chatterjeeとのこと)

タブラを叩く時もタブラオンリーじゃなくてタブラを叩きながら左手でドラムも叩くなどの使い方が多いようです。トリロク・グルトゥスタイルですね。
あと彼は良くtwitterで自分の練習動画をアップしたりしています。「タブラフレーズをドラムで叩いてみた」みたいなのとか。

このトリオは「ドラムではなくてタブラ」「ピアノやキーボードじゃなくてギター」「ベース無し」という編成は、ジャズのようなアンサブルを想像しながら聴くと音数が少なくスカスカになりそうな印象を持つのですけど、このグループではそのスペースを埋め尽くすようにRudresh Mahanthappaが絶え間なく吹き倒すという力技でバランスを保っていますね。

おまけ;Dave douglas 『Freak In』

 

 

 

Dave Douglas  (trumpet)
Joey Baron  (drums)
Marc Ribot  (guitar)
Jamie Saft  (Keyboards, Loops)
Karsh Kale  (tabla)
Brad Jones  (bass)
Ikue Mori  (Electronic Percussion)
Seamus Blake  (Saxophone)

それでもこの曲はすごく好きなのでおまけ選出ですここでタブラを叩いているカーシュ・カーレイは自身で打ち込みっぽいCDを出しているプロデューサーっぽい人なので、タブラ演奏のスペシャリストという訳では無いようです。
デイブ・ダグラスは打ち込み系の音を入れるのが好きみたいで、そういう要員で呼ばれたみたいですね。「イントロだけちょっとタブラ叩いてよ」と言われたのかも。
このCDでもタブラの音じたいは途中からほとんど目立たなくなりますね。