スポンサーリンク

名実ともにその価値を失ったグラミー賞

1/27に開催された第62回グラミー賞の授賞式ですが、当日の朝にNBAのロサンゼルス・レイカーズで活躍したコービ・ブライアントのヘリコプター事故での不慮の死が伝えられ、悲しみに包まれた授賞式となりました。

授賞式の会場となったステイプルズ・センターは、NBAバスケットのLAレイカーズのホームコートであり、亡くなったコービがまさに世界中のNBAファンを熱狂させてきた、まさにその場所だったのですから。

そんな第62回グラミー賞ですが、直前に起こったデボラ・デューガン前アカデミーCEOによる、アカデミー内部の不正・腐敗の暴露が話題となっていました。

詳細について詳しい記事はこちら

この件は騒動発生時にもブログに書きましたが、その時の投稿はこちら

以前から言われていたグラミー批判

グラミー賞への批判はここ最近はずっと言われており、ヒップホップへの冷遇(ケンドリック・ラマー『DAMN』)や、相対的に女性の評価が低い(ビヨンセ『Lemonade』)こと、「時代遅れ」という批判を受けてきたようです。そのため投票の公平性にも当然疑問が投げかけられてきました。

近年はリスナーの音楽嗜好の多用化ともあいまって、グラミー賞は急速にその権威を失っていったのですが、そんな中でのこの騒動はグラミーの価値を完全に打ち砕いたような状況です。

デューガンさんが主張するノミネートの不正に関してはアカデミー委員会側は否定していますが、デューガンさんは弁護士を立てて、公正取引委員会という公的機関に訴えており、多少盛ってるところはあるかもしれないけど、アカデミー協会が明確に否定できないラインの主張をしていると考えても良いと思います。
今年2020年のノミネートラインナップを見て、「いまはひどい状況だけど、徐々に良くなっている」という期待もあったみたいですが、それも「たまたま」だったということなのでしょうね。

結局はレコード会社が売りたいアーティストが優遇されているだけだったということ。

■追記
今回の騒動を受け、ビヨンセとテイラー・スウィフトは授賞式への出席をキャンセルしたようです。主要な部門にノミネートされていませんし、今回の問題への抗議の意味も込めての欠席でしょう。

アーティスト受賞コメントにも注目

まさにいま論争になっている話題ですが、とりあえずアカデミー協会は全力でかん口令を出すのだと思います。
会場入りする関係者にこの件を訊かないように手をまわしていると思いますし、アーティスト側もコメントしても使わないことがわかっているのでコメントしないでしょう。

もしアーティストがコメントするなら、例えば受賞スピーチのようなカットできないシチュエーションで発言するしかないですね。
だからこそ今年の授賞式は誰が何を発言するかすごく注目。
(結局、どのアーティストもアカデミー協会への批判はほぼ皆無でしたね。授賞式が終わったあとの感想は最後に追記しました)

例えばハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ騒動の時もそうですが、あれだけ騒動になって世間の非難を浴びている中で、それに追随するようにセクハラを非難するのは言ってみればノー・リスクですよね。
ミュージシャンがトランプ大統領を批判することもそう。

今回の件は影響がどこまで拡大するかわからず、場合によっては自分とつながりのあるレコード会社やレーベルの人間がノミネート不正に関わっているかもしれないのです。

人によっては、ノミネートされているミュージシャン自身だってノミネート不正を知っていたのではないか?という疑いも持たれてしまっているとおもいます。
もし潔白なら、自身のノミネートの価値をおとしめたアカデミー委員会に怒って当然だし、自身の潔白を証明したいでしょう。

自身に批判や不利益が及ぶかもしれないのに、正義を貫いてアカデミー委員会を批判できるのか?と、言ってみれば踏み絵を踏まされる今年のノミニー(特に女性)は気の毒ですけど、やはり明確なメッセージを出してほしかったです。

アカデミー委員会だけじゃなく、ミュージシャンまでがアカデミーの旧態依然とした体制にからめとられていたとしたら、ホント悲しすぎます。

追記 グラミーが終わって

今年のグラミーは主要部門をビリー・アイリッシュが受賞。

受賞スピーチで今回の不正疑惑についてはコメントは無し。
アルバム賞のスピーチでビリーは「わたしはアリアナが受賞すべきだと思う」と今回の不正疑惑に触れているのかどうか微妙なモヤっとしたコメントを出していました。
まぁけっきょく不正疑惑に対しては何も言わなかったに等しいですね。
お兄さんのフィニアスに至っては、いちばん最初にアカデミー委員会に感謝の意を表してさえいました。

(ハーヴェイ・ワインスタインの時とは違って)アカデミー委員会への批判が盛り上がっていない中でノミネート不正の話題を出すのはさすがに厳しかったのかなとは思います。

そんな中で司会のアリシア・キーズはスピーチで今回の疑惑について言及していたようです。(こちら

「私たちはネガティブ・エナギーは拒否します」

「古いシステムも拒否します」

「リゾ、アリアナ・グランデ、ビリー・アイリッシュ、私たち(女性アーティスト)を止めることはできません」

「私たちはなりたい自分になれる。誰とも違う存在になれる。オンリーワンの存在になれる。それも今すぐに」
と。

他のミュージシャンがほぼ口をつぐむ中、司会という難しい立場の中でできる限りのメッセージを送ってくれた、とは思います。

ただ、全体を見渡せば、この不正疑惑の件はアメリカでもぜんぜん盛り上がっていなという印象です。

今回の騒動を受けて海外のSNSなどを見ても、不正疑惑について言及している人はほとんどいなません。
みんなのんきに「ビリー最高」とか「納得できない。ラナ・デル・レイが受賞すべき!」とか。

これはちょっと驚きでした。

今回の不正疑惑って、自分たちが聴いている音楽のトレンドが業界の年配の白人男性によって決められているようなものだと思うのですけどね。
まるで洋服の今年の流行色が数年前からファッション業界によって決められている、みたいなもの。
誰かに決められたヒットソングでも、楽しければ良いOK!ということなのかな?わたしはそういうのカンベンですけど。

アカデミー委員会の前CEOが、「女性アーティストはノミネートされるためにはもっと”ステップアップ”しないといけない」と言った舌禍事件と同様に、今回の件もしばらくすると忘れ去られていくような雰囲気です。

来年も同じような疑惑のノミネート方法でノミニーが選ばれ、リスナーは来年も受賞予想であれこれ談議することになりそう。。

まさに「The Show Must Go On」ですね。

雑談
スポンサーリンク
サナコレ