スポンサーリンク

タナソーさん、ビリー・アイリッシュが美空ひばりな訳ないでしょ

「タナソーがスッキリに出てる!」

朝の情報番組「スッキリ」で今年のグラミー賞を独占したビリー・アイリッシュについて特集があり、そこで「ビリー・アイリッシュ専門家」として田中宗一郎さんが出演したそうです。
ビリー・アイリッシュのグラミー独占というタイミングもあり、SNSではざわざわしていたよう。

それについてまとめはこちら

どうもオンエアは平日の朝の9時くらいだったようで、若い世代はみんな学校か会社に行っていて見ることはなくて、洋楽にあまり興味のない層向けのコーナーだったのかも。

実際に内容の内容について見てみると「洋楽とか興味なさそうな視聴者相手だからって、テキトーなこと言ってるな」と思っていたのですが、SNSをみると「さすがタナソー、新たな視点を提示してて良かった」と好意的な意見が多かったんですね。

ビリー・アイリッシュは人気があるのはわかる気はするのですけど、さすがにびっくりです。

「ひとりで全部する美空ひばり」

まずこれ。

世界の10年分の音楽を表現していて、「ひとりで全部する美空ひばり」というキャプションで、女優でもありジャズからラテン音楽まで歌いこなす美空ひばりさんに例えていました。

ビリー・アイリッシュが美空ひばりさんみたいに「何でもできるアーティスト」なんてデタラメでしょ。

例えばひとつ例をあげますね。
今週末、アメフトのスーパーボウルがありますが、毎年ここで国歌斉唱を誰が歌うかは注目されますし、選ばれた歌手にとってはすごく名誉なことだと思います。
(湾岸戦争の年1991年のホイットニー・ヒューストンが有名ですね)

こちらの動画は今年のグラミーでビリーと争ったアリアナ・グランデが国歌斉唱を行う動画(スーパーボウルじゃないですけど)

ビリー・アイリッシュが国歌斉唱を歌いあげるほどの歌唱力があるかといったら、答えはノーでしょう。
美空ひばりさんのジャズスタンダードを聴いたことがありますが、これが美空ひばりさんであればたとえアメリカ国家でも素晴らしい歌を聴かせることができたと思います。

これは別にビリー・アイリッシュをディスっている訳じゃないですよ。
圧倒的な歌唱力でどんなスタイルも歌いこなすだけがアーティストではないと思いますし、ビリー・アイリッシュの歌には他の歌手にはない魅力があるというのは確かなのでしょうから。それはミュージシャンのタイプの話であり個性の話でもあります。

また、スーパーボウルのハーフタイム・ショーですが、今年はジェニファー・ロペスとシャキーラだそう。開催地はマイアミですからね。
スーパーボウルみたいな(特にファンでもない人がたくさん観る)シチュエーションで、ビリー・アイリッシュに観客を熱狂させることができるかと言えばそれもノーでしょう。
彼女の音楽は彼女の熱狂的なファン以外にはあまり受け入れられない種類のものなのだと思います。こういうところも美空ひばりさんと全く違う。

「ひとりで全部する」とか「美空ひばり」とかまったく的外れだと思いますね。

ビリー・アイリッシュがアメリカ社会に感じる不安の代弁者、なワケない

https://www.youtube.com/watch?v=lpKE6yBw2Os

番組の中で、「アメリカがいきなりイランの指導者を殺しちゃうし」とか「気候変動への不安が」とか、そういうアメリカのティーンが感じる不安があり、ビリー・アイリッシュはその代弁者だというニュアンスの説明をしていたのですけど、これもまぁデタラメでしょう。

このライブ写真を見てみてくださいよ。

とてもそんなことを彼女のファンが心配しているとは思えないでしょ(おそらくイランの場所すら知らないと思う)

ビリー・アイリッシュは、ジャスティン・ビーバーのような、言ってみればただのポップスターであって、(今までとは違ったスタイルではあるけれど)ティーンが「カッコいい」「ああいう風になりたい」と思える存在、ただそれだけなんだと思うのですけどね。

バイアスに囚われたイメージがインフルエンサーによって拡散していく

おそらく田中宗一郎さんは、「トランプ政権の横暴に対する不満」だとか「女性の権利についてエンパワー」とか「気候変動」について、ビリー・アイリッシュがティーンに共感を得ていると「本当に」思っているのでしょう。

ただそれって、はっきり言ってあまりに過大評価だしリアルではないのでよね。

それなのに、どうしてそういう思い込みをしてしまっているかというと「女性ポップスターは社会問題でもティーンに強くコミットしていくべき」という田中宗一郎さん自身の願望・思いが強すぎるからでしょう。
社会的(政治的)なスタンスが評価される「べき」いまのアメリカ社会において、ティーンに人気のあるビリーは当然その発言が評価されて人気があるはずだ、という風に田中宗一郎さんには見えているのでしょう。

これはもういわゆる確証バイアスで、自分の考えと合致する事実を過大評価し、逆に相反する事実は無視するか極端に過小評価されているのだと思います。

そもそも、ポップミュージックを聴く層が社会問題に前向きなわけないじゃないですか。ミュージシャン総出でトランプ大統領への不支持をアピールしたのに、ポップスターははっきり言ってほとんど社会へ影響を与えることができず、トランプ大統領は当選した訳です。

「こんなはずじゃない、音楽は社会をもっと変えられるはずだ。ビリーならやってくれる」なんてこと思ってるアメリカのティーンはいないでしょう。
もう一度言いますが、ライブ写真を見てください。彼女の観客にそんなこと思っている人はほぼいないです。おそらく彼ら・彼女らは選挙にも行っていないはず。

音楽について語ってほしいのに、音楽以外について語る人たち

田中宗一郎さんはSpotifyで「POP LIFE」というポッドキャストの番組を持っていて、そこでも「女性ポップアイコン」について語っていて、ビリー・アイリッシュの話も出てきます。
言ってみれば社会の変化と音楽がどう関わるかと言った「社会学的」な見方から音楽を語っているのですけど、特徴的なのは(スッキリもそうですが)「音楽そのもの」についてはほとんど語らない、ということ。

わたしが良く聴くジャズについて書かれる文章では、菊地成孔さんの本などが特徴的なように、和声やリズムなどの音楽そのものについてエキスパートが語ること、音楽シーン移り変わりを当事者であるミュージシャン自身が語ることが一般的になってきたのだと思います。

こういう文章は読んでて音楽の新たな魅力を発見させてくれたし、今となっては(タナソーさんみたいな)イデオロギーの発露のような批評は、単純に読んでて説得力が無いし、時代遅れだということで淘汰されたので見かけることもほとんどありません。

わたしは音楽雑誌って買ったことなくて、田中宗一郎さんがこれまでどういう人かもよく知らなかったこともあって(Spotifyユーザーでもあるので)「POP LIFE」を聴きはじめたのですが、
わたしは音楽ファンで音楽の話が聴きたかっただけなので、音楽の話をぜんぜんしない「POP LIFE」は聴くのはもう止めちゃいましたけどね。

雑談
スポンサーリンク
サナコレ