スポンサーリンク

シティポップは「世界のリスナー」を虜にした!訳じゃなかった

今日の投稿は、Web記事やSNSなどで前からちょっと気になっていた「シティポップ」の話題

音楽関係のインターネットメディアで

「日本の80年代シティポップが海外で人気沸騰している」

という記事を読んだ人も多いんじゃないかと思います。

個人的には「〇〇がいまアツい」みたいな記事を読むと「ホントに流行ってんの?」と疑ってしまう性格なので、シティポップ人気についてもいつか確認しようしよう思っていて、今回調べてみました。

『シティ・ポップ 1973-2019』

シティポップというと、山下達郎らに代表される70~80年代に発表された日本のポップスのこと。

今年2019年7月に、シティ・ポップのディスク・ガイド『シティ・ポップ 1973-2019』という本が、ミュージック・マガジンよりリリースされました。

日本のweb記事などでシティポップについての話題が多くなったのは、ちょうどこの本のリリース前後なのだろうと思います。

この当時、いろんなメディアのいろんな記事があふれていましたが、シティポップの海外人気については、このローリングストーン誌の記事にだいたいまとめて書かれています。

日本のシティ・ポップは、なぜ世界中のリスナーを虜にしているのか?

シティポップの海外人気について書かれていることをざっくりまとめると

・シティポップが海外で人気沸騰している
・シティポップはVaporwave/FutureFunkの元ネタとして再注目されている
・竹内まりやの「Plastic Love」は今のシティポップのアンセムになっている

ということみたいですね。
ほとんどのweb記事の内容は基本的にこのローリングストーン誌と同じことしか書いていないと思います。

ボリュームが重要

このローリングストーン誌のような記事を読んで気になるのは

「どれくらいの数の」海外リスナーがシティポップに夢中なのか?
「世界中のリスナーが虜になっている」というのは本当なのか?

ということ。

ローリングストーン誌の記事にも「シティポップが”世界中のリスナーを虜”にしている」ことのソース情報は書いていないんですよね。

唯一、「シティポップが海外でブーム」という根拠として、竹内まりやの「プラスティック・ラブ」の動画が2000万回以上再生されて拡散した、という出来事があげられています。

竹内まりやの「プラスティック・ラブ」

このローリングストーン誌の記事では、竹内まりやの「プラスティック・ラブ」についてこう書いています。

昨年、極めて優秀なYouTubeのリコメンデーション・アルゴリズムによって、竹内まりやの1984年作「プラスティック・ラブ」は何百万という再生回数を記録した。こういった現象について、Redditのユーザーquippedはこうコメントした。「シティ・ポップ、またの名をyoutuberecommendationcore」

https://rollingstonejapan.com/

要は「プラスチック・ラブ」に代表されるシティポップは、YouTubeという新たな拡散ツールによってメインストリームとなったと言いたいのだろうと思います。

こうやって書くと確かに竹内まりやの曲が全世界で認知されたように思ってしまうのですけど、実際のところは少し違うようです。
「Takeuchi Mariya Plastic Love」のGoogleトレンドを調べると、検索されている国は、韓国、フィリピン、香港、シンガポール、インドネシアだそうです。

そんな話、知ってました?

韓国での拡散

この文春の記事(こちら)に詳しく書かれているのですが、実際のところシティポップがブームになっているはほとんど韓国のようです。

もともと韓国では”シブヤ系”に代表される日本のイージーリスニング音楽のニーズがあり、そういう日本の音楽を好む層の興味が、いまは「シティポップ」にスライドしているとの指摘です。

「プラスティック・ラブ」が驚異的にバズったのも、韓国のあるソロアーティストの曲が「プラスティック・ラブ」に似ているために発禁になった、といった曲そのもの以外の要因があってのことみたいです。
2000万回という再生数はもちろん韓国以外も含まれているのですが、おもに韓国から火がつき閲覧数が増えることでフィリピン、香港、シンガポールなどにも飛び火した、という事情はありそうです。

こういったデータを見ると「プラスティック・ラブ」が「世界的」なブームとなった訳ではなさそうですし、そうなるとシティポップの「世界的」ブームにも疑問符がつきそうです。

もしシティポップの人気について、なにか確実に言えることがあるとすれば
・韓国ではシティポップは前から人気
・竹内まりやの「プラスティック・ラブ」は韓国発でバズった
ということくらいです。

Night Tempoさんという韓国人DJがシティポップを元ネタにしたFuture Funkをプレイするのも、こういった韓国の音楽事情を考えると自然なことじゃないでしょうか。

シティポップの欧米人気

つまり「シティポップは世界中のリスナーを虜にしている」というのは、もうタイトル詐欺じゃないかな?とは思うんですよね。

実際には、この記事(こちら)に
「恐らくヨーロッパやアメリカには、“数千人”の(シティポップ)ファンがいるんじゃないかな」
と書かれているように、欧米のシティポップファンの数はかなり少ないと考えた方が良いかも。

「プラスティック・ラブ」みたいな特殊な例を引き合いに「シティポップ世界中で人気」と記事で書き、続けてタイラー・ザ・クリエイターが山下達郎をサンプリングしたみたいなエピソードにつなげたりすると、読んだ人は「欧米の人たちにシティポップが人気」と勘違いしちゃいますよね。

こういう記事になにか違和感を感じるのは、書いている人に「欧米に認められるモノが価値が高い」という前時代的な考えがあるからじゃないかと思いますね。

終わりに

日本のシティポップがめぐりめぐって韓国、フィリピン、香港、シンガポールなど東南アジアで聴かれ続けることはステキなことだと思いますし、Future Funkといった形でリミックスされるのも(個人的には好みの音楽ではないですけど)斬新だと思います。

『シティ・ポップ 1973-2019』が話題になったり、ここで取り上げられている旧作の売り上げがアップしたりしたのかもしれませんけど、やっぱり「シティポップが世界中で(欧米で)人気」みたいなあおり文句はやめた方が良いんじゃないかな、と思うんです。

たとえばこの動画のYouTuberの方なんか、「Plastic Loveの動画には英語コメントがたくさん」みたいに完全にシティポップが欧米で認知されているみたいに思っていそう。
フィリピン、香港、シンガポールの人は英語でガンガンコメント書き込むんじゃないかな、とも思いますし。

雑談
スポンサーリンク
サナコレ