スポンサーリンク

リバティ・エルマン(Liberty Ellman)『Last Desert』

ギタリスト、リバティ・エルマンが2020年3月27日に新作『Last Desert』をリリースするらしいです(→こちら

https://pirecordings.com/

Personnel:
Steve Lehman (Alto Saxophone)
Stephan Crump(bass)
Damion Reid (Drums)
Liberty Ellman (guitar)
Jonathan Finlayson (Trumpet)
Jose Davila (Tuba, Trombone)

リバティ・エルマンは以前にこのブログで書いたPi Recordingsと繋がりが深いミュージシャンで、レーベルのアルバムにギタリストで参加するほか、マスタリング・ミキシングエンジニアの仕事もこなすなど、レーベルの専属ミュージシャンと言っても良いくらいです。

彼がサイドミュージシャンとして参加したアルバムもすごいです。

ヘンリー・スレッギルがピューリツァー賞を受賞した『In for a Penny, In for a Pound』(2015)を筆頭に、ヴィジェイ・アイヤーの『In What Language?』(2003)などの初期のアルバムや、スティーブ・レーマンと共演し、ルドレシュ・マハンサッパをトップサックスプレイヤーに引き上げた『Dual Identity』(2010)などなど。

お世辞にもソロとしてトップクラスの名声を得ている訳ではないと思いますけど、特に名前をあげたプレイヤーの活動を振り返ると重要な役割を果たしていることがわかります。

ただ、Pi Recordingsはサブスク配信しないので、彼の活動はアルバム以外はほとんど良くわからないですね。
Pi Recordingと繋がりの深いミュージシャンでも、他のレーベルからリリースしたアルバムが聴けたりしますから。エルマンはYouTubeの動画とかも(非公式含め)少ないですし。

このブログは基本的にはわたしの紹介の文章はどうでも良くて、どういう音楽かは実際に音源を聴いてもらえれば良いと思っているのですが、彼みたいなミュージシャンは困るなぁ、、

という訳で数少ない彼のグループの動画がこちら。
どういう訳かマハンサッパとレーマンのダブルサックスになってる

リバティ・エルマン・グループは、”裏” 『Far From Over』

今回リリースするアルバム『Last Desert』は、前作『Radiate』 (2015)と同じメンバーなのですが、彼のグループはヴィジェイ・アイヤーのECM作品『Far From Over』(2017)と共通点を感じさせますよね。
『Last Desert』に参加のレーマン、クランプ、フィンレイソンの3人とも『Far From Over』にも参加しています。
エルマンの前々作『Ophiuchus Butterfly』(2006)ではサックスにマーク・シムが参加しており、彼も『Far From Over』に参加しています。

『Far From Over』は2010年代を代表する傑作アルバムと言っても良いのですけど、実はこのアルバムの組み合わせはリバティ・エルマンのグループがベースになっているようです。

前作『Radiate』でも基本的には曲は全てエルマンが書いているのですが、ところどころに複雑な構造の曲構成が垣間見えて、こういう曲はレーマンのアイデアがかなり入っているのかなと思いますね。

ヘンリー・スレッギル’s Zooidからのつきあいである、チューバのJose Davilaはアンサンブルの中でユニークなアクセントになっていますね。
ドラムはもともとジェラルド・クリーヴァーだったのですが(おそらくうるさすぎて)ダミオン・リードに交替しています。
ダミオン・リードはガンガン飛ばすタイプの人じゃないみたいなので、こういうアンサンブル重視の編成ではけっこうはまっていると思います。

いや、リリースが楽しみです

Jazz
スポンサーリンク
サナコレ