スポンサーリンク

Julian Lage / 『Love Hurts』

神童から21世紀を代表するギタリストへ

Julian Lage(ジュリアン・ラージ)は、4歳でギターを始めて早くからその才能を認められ「神童」と呼ばれ、15歳の時にゲイリー・バートンのグループに起用されたギタリスト。
1987年生まれなので2019年時点でまだ32歳とジャズギタリストとしてはかなり若いのですが、すでに現時点で「新時代を牽引する天才」「21世紀を代表するジャズギタリスト」とも言われているようです。

わたしが個人的に選ぶ2019年ベスト10ですが、彼が今年リリースしたアルバム『Love Hurts』を選出しようと思っています。

彼は基本的にトリオやデュオなどの小編成でのプレイが多く、かつてはホロウボディのギターを使った「いわゆる」ジャズギターの音を出していたみたいですが、近年はテレキャスターの乾いた若干クランチの効いた音での演奏が多いですね。
あまりコードを織り交ぜて弾くようなスタイルではなく、少ない音色をコントロールするスタイルです。
(そういれば彼はサン・フランシスコにあるインド古典音楽の教育機関、Ali Akbar Khan Music Collegeで学んだ経験もあるそうで、インド音楽の影響も受けているのかも)

こちらはかつての師匠であるヴィブラフォン奏者のゲイリー・バートンとのデュオでTiny Desk Concertに出演した時の動画

Julian Lage on Tzadik label

わたしが彼の名前をはじめて知ったのはTzadikレーベルからリリースされた『Midsummer Moons』(2017)、『Insurrection』(2018)、『Salem, 1692』(2018)といったアルバムです。
フォーキーなデュオギターから、轟音が鳴り響くハードコアバンドまで、全くジャンルの異なるグループで印象的なギタープレイを聴かせてくれました。
Tzadikレーベルでは、かつてはこういうセッション的なアルバムでギターが必要な時にジョン・ゾーン(John Zorn)が呼ぶのはたいていはBill Frisellだった訳ですけど、ここ最近ではJulian Lageが彼に代わってファーストチョイスとなっているようです。
Lageがゾーンの無茶なリクエストに答えてくれる引き出しが広いギタリストだという証ですね。

『Insurrection』『Salem, 1692』

Trevor Dunn (Bass)
Kenny Grohowski (Drums)
Matt Hollenberg (Guitar)
Julian Lage (Guitar)
※2枚のアルバムとも同メンバー

この2枚のアルバムはおそらくMatt Hollenbergが仕切っている、というか彼の所属するメタルグループClericそのものです。ClericのコンセプトをTzadikに関係の深いメンバーで演奏した形。

Clericは「Masada Book 3 – The Book Beri’ah」でもアルバムを出していますし、この2枚のアルバムも「Clericの演奏で良いんじゃない?」と思う部分もありますが、2010年代のJohn Zornはミュージシャンを組み合わせて新たな魅力を引き出す、というケースも多かったよう。

Lageもいつもと違うメタル路線のアレンジの中で、グイグイ全面に出ることなくバッキングに徹していますが、時折聴けるテクニカルなフレーズなど「おっ!」と耳を奪われます。。

カヴァーアルバム『Love Hurts』

Jorge Roeder (b)
Dave King (ds)
Julian Lage (g)

アルバム『Love Hurts』はある意味では企画盤。
ロイ・オービソンやエヴァリー・ブラザーズ、さらにはオーネット・コールマンやキース・ジャレットなど多彩なミュージシャンを取り上げたカヴァーアルバムですね。
メンバーもバッド・プラスのDave Kingが参加するなどこれまでのアルバムから若干の変更はありますけど、基本はここ数作のLageのアメリカーナ路線を踏襲した音作りですね。

ここでのLageは、原曲の響きを壊さないように1音1音を完璧にコントロールするスタイルで、原曲のエッセンスを彼流にうまくアレンジしています。
このあたりのギタープレイのフィールが、どうしてもビル・フリゼール を連想しちゃうのです。

Jazz
スポンサーリンク
サナコレ