album review

Jazz

John Zorn’s Emergency! / ジョン・ゾーンのオルガンジャズ

今回はジョン・ゾーンが演奏するジャズ、その中でもオルガンジャズについて紹介したいと思います。
Jazz

Robert Glasper『Black Radio』を聴いてみた

今回選んだのは、新しめのジャズの話題になると良く名前を聴くRobert Glasperの『Black Radio』(2015)です
Jazz

Spike Orchestra『Binah』 /「The Book Beri’ah」を全部聴くVol.3

Spike OrchestraはトランペッターSam Eastmond と ヴォーカリストNikki Franklinの2人がリーダーとして構成されるグループで、 もともとはJohn ZornのRadical Jewish Cultureなどに触発されてグループをはじめたようです。
Jazz

ラーゲ・ルンド(Lage Lund)『Terrible Animals』

ノルウェー出身のギタリスト、Lage Lundの4年ぶりのアルバム『Terrible Animals』です。2019年度のベスト10アルバムに選びました。
World Music

『Mudang Rock』ジャズインプロ猛者4人による韓国伝統音楽 

このアルバム『Mudang Rock』は、韓国伝統音楽をモチーフにした、4人のフリー・インプロ系のミュージシャンによるアルバムです。
Jazz

Cleric 『Chokhma』/「The Book Beri’ah」を全部聴くVol.2

「The Book Beri’ah」全11作の第2作目は、グラインドコア/メタルグループのClericが担当です。
Jazz

Sofia Rei and JC Maillard『Keter』 /「The Book Beri’ah」を全部聴くVol.1

シリーズ1枚目はアルゼンチン出身のヴォーカリスト、Sofia Reiによるアルバム。 このアルバムではSofia Reiが普段から一緒に活動しているJC Maillard とのデュオ名義となっています。
Jazz

Julian Lage / 『Love Hurts』

Julian Lage(ジュリアン・ラージ)は、4歳でギターを始めて15歳の時にゲイリー・バートンのグループに起用された神童とも言われたギタリスト。2018年の年末に日本にもしています。 すでに「新時代を牽引する天才」「21世紀を代表するジャズギタリスト」とも言われているようです。
Jazz

Mary Halvorsonを知るアルバム3選

Mary Halvorsonは1980年生まれで2019年時点で39歳。メガネに細い小柄な女性で、見た目はとてもジャズギタリストには見えない感じですね。
World Music

Alim Qasimov & Michel Godard『AWAKENING』

『AWAKENING』はアリム・カシモフとフランスのセルパン奏者ミシェル・ゴダールとの共演アルバム。 ゴダールの他に、ジャズ・ピアニストのサルマン・ガンバロフ、ケマンチェのラウフ・イスラモフなどが参加しています。
Computer Music

Matmos『Plastic Anniversary』

マトモス(Matmos)はMartin Schmidt と Drew Danielの2人によるサン・フランシスコベース(でもいまはなぜかボルチモア在住)のエレクトロニカ・デュオで、今年2019年に新作『Plastic Anniversary』をリリースしました。
Rock/Pops

CHAI『PUNK』

個人的に選ぶ2019年ベスト10アルバムのうちの1枚です。 2019年はまだありますけど、確実にベストに入るだろうということでフライング選出です。
Jazz

Remember Shakti / リメンバー・シャクティ

ジャズ・ギタリストのジョン・マクラフリンが70年代にインド音楽のミュージシャンを集めて作った「シャクティ」の紹介
Rock/Pops

【聴いてみた】雑誌の選ぶ2019年ベスト10

今回は雑誌が選んだベスト10アルバムを聴いてその感想を書いてみようかなと思っています。 アルバムを聴きながらその場でフィーリングで感想を書くので完全に予備知識無しです。
World Music

フン・タン(Huong Thanh)『ドラゴンフライ』

フン・タン(Huong Thanh)はベトナム・サイゴン生まれのヴォーカリストです。 彼女は2001年リリースのアルバム『ドラゴンフライ』で、特に日本のジャズ雑誌などで良くとりあげられていたようです。
スポンサーリンク