スポンサーリンク

アンブローズ・アキンムシーレ ”現代ジャズ” 最高のトランペッター

『On the Tender Spot of Every Calloused Moment』

トランぺッター、アンブローズ・アキンムシーレの新作『On the Tender Spot of Every Calloused Moment』は、2020年前半のジャズシーンの最注目作になるだろうアルバム。

ですが今回はアルバム紹介というよりも「アキンムシーレ聴いてみた」という感じの軽いちょっとした雑談です

Personnels
Ambrose Akinmusire (trumpet)
Sam Harris (piano)
Harish Raghavan (bass)
Justin Brown (drums)

アキンムシーレが”現在ジャズ”のトップランクに位置するプレイヤーであることは疑いようもないと思います。このアルバムも現在ジャズのひとつの到達点を示しているのだと思います。

バックのミュージシャンは10年以上いっしょに演奏しているらしく、ワンホーン+ピアノトリオという編成もいまでは新鮮です。サム・ハリスのピアノはちょっとひねくれたコードの使い方がカッコよいですね。時折フェンダー・ローズを織り交ぜたりもしていますけど。
ドラムのジャスティン・ブラウンも、けっこう複雑なリズムフィギュアをあまり音数を増やさずにサラッと叩くところも、アンサンブル重視でこのグループにハマっていますね。

主役であるアキンムシーレも、トランペットのブライトな音のコントロールが素晴らしいですね。ブルース感というか若干シリアスな響きのプレイが多いみたいですけど。これも彼の個性ですかね。

アルバムの先行シングルの”Mr.Roscoe (consider the simultaneous) “は、もちろんロスコ―・ミッチェルのこと。彼がまだ若いころ、地元ラジオ局のトランペットコンテストで優勝した商品としてアート・アンサンブル・オブ・シカゴのライブを(母親と)観にいったとか。

現代ジャズ

”現代ジャズ”という言葉ですが、、これはいろんな人がいろんな意味で使っていると思います。たとえば、マイルスやコルトレーンに対して今の現役世代のジャズという意味で使われたりとか。

それも間違ってないのですが、わたしの印象では、ブログで前にも少し書いたみたいに、現代ジャズのかたちは1980年代後半~90年代前半くらいに形づくられ、それが今も続いているのだと思います。

つまりどういう音楽のことを言っているかというと、バークレーやマンハッタン音楽院みたいな教育機関で体系的に学んだ高度な知識と高い演奏技術をもとにした演奏がベースで、現代音楽/クラシックの影響を強く受けていて、アドリブやインタープレイよりもあらかじめの作曲に重きが置かれる、といった特徴でしょうか。
具体的には、ウェイトン・マルサリス、ジョン・ゾーン、スティーブ・コールマンなどの活動を境に、彼らのプレイした音楽や方法論をベースに”現代ジャズ”は形づくられたように思います(わたしの勝手な思い込みですが)

アンブローズ・アキンムシーレはこうした定義の”現代ジャズ”をまさに体現しているようにも思えるのですよね。デビュー当時にスティーブ・コールマンのグループに加入したというのは偶然ではないと思います。

こうやって考えると、このブログでもいわゆる「現代ジャズ」と言えるミュージシャンについて取り上げてきたと思うので、当然アキンムシーレについても好みなのだろうと(自分でも)思います。

聴いてみた

が、正直に白状しますと、これまでの彼のアルバムはどれもいまいちピンと来なかったんですよね。
新作『On the Tender Spot of Every Calloused Moment』を聴いてもその印象は変わらないです。

別にアルバムのどこがどう気に入らないという訳ではないのですが、聴いた時に高揚感のようなものが沸き上がらない印象。

まあ別にアルバムの出来が悪いんじゃなくて、アキンムシーレのアルバムが楽しめないのも、彼のやろうとしている音楽をただ単に理解できていないだけだということは良くわかるのですけどね。

「音楽を聴くのに知識なんて必要ない。聴いて楽しいか楽しくないかだけ」という考えの人もいるでしょう。
でも他のポピュラー音楽はともかく、ことジャズに関しては楽理的な知識や理解は楽しむためには必要だなと感じるのですけどね。
わたしも楽器を弾けたら楽しそうなのもありますけど、音楽をより深く理解するために、がんばって音楽理論の動画とか観ちゃいますしね。

自分に響かないプレイを聴いて「上手いだけで退屈」「アイツの演奏にはハートが無い」とか評価しちゃう人もいるかもしれないですけど、さすがに自分の耳を過大評価しすぎだと思いますよ(ウィントン・マルサリスとかマイケル・ブレッカーとかはそういう言われ方をしていたような)

カリフォルニア・ドリーミング

ちなみにアキンムシーレは現在は(ニューヨークではなく)地元カリフォルニアに戻っているのですね。ちなみに他のメンバーも西海岸での活動が多いメンバーですね。ドラムのジャスティン・ブラウンもカリフォルニア出身ですし。
「ニューヨークなんて人の住む場所じゃない」とか思ってそう。

西海岸はジャズのライブハウスも多いですし、ハリウッドが近いこともあり映画音楽の仕事などを行うジャズミュージシャンも多いですね。

アキンムシーレと同じくセロニアス・モンク・コンペティションで優勝したピアニストのKris Bowersなどもカリフォルニア出身で同じなのですけど、『グリーンブック』のサントラを担当したり、すっかり映画音楽家としての活動がメインになっているみたいです。