スポンサーリンク

ロックとHIP HOP以外はみんな死んだ

先日、Discogのトップページに「The 200 Best Albums of the 2010s」というサイト内のブログ記事が掲載されていました。
まだ2019年も少し残っていますが、「2010年代はどういう時代だったのか」と振り返る時期なんですね。
元号が令和になったときにテレビで平成を振り返る番組が多かったように、音楽でも10年単位で語られることが多いので今年で一区切りという感じなんでしょうね。

Discogsベスト200枚のうちベスト10はこちら

1. DAFT PUNK『RANDOM ACCESS MEMORIES』(2013)
2. DAVID BOWIE『★ (BLACKSTAR)』(2016)
3. KENDRICK LAMAR『GOOD KID, M.A.A.D CITY』(2012)
4. RADIOHEAD 『A MOON SHAPED POOL』(2016)
5. ARCTIC MONKEYS『AM』(2013)
6. TAME IMPALA『CURRENTS』(2015)
7. KENDRICK LAMAR『TO PIMP A BUTTERFLY』(2015)
8. LANA DEL REY『BORN TO DIE』(2012)
9. JACK WHITE『LAZARETTO』(2014)
10. ARCADE FIRE『THE SUBURBS』(2010)

集計方法ははっきり書かれていなかったのですが、「Discogsで買われたアルバム」というランキングのようです。

ブログ記事なので最後にライターさんの感想が載っているのですが

「2010年代のスーパースターは、Top15に3枚ランクインさせたKendrick Lamar、2位の『Blackstar』など多数ランクインさせたデビッド・ボウイ、Top30に3枚ランクインさせたTame Impalaたちだろう。どうだい、批評家の意見と音楽リスナーの意見は同じじゃないか」

「2010年代は大きな収穫があった。みんながさんざん言ってきたが”ロックは決して死んでいない”ことが証明された」
「200のリストの、約70%はロックだ。続いてHIP HOPは15%、ポップは10%以下」
「ただジャズは生命維持装置に繋がれてひん死の状態だ」

「リストの中でジャズは、、カマシだけだ。とはいえジャズは少なくとも1作品はランクインしている」
「アメリカであれだけ聴かれているカントリーミュージックはランク入りさえしない」

とのこと

それにしてもDiscogsは(音源販売サイトであって)音楽メディアでは無いから、あとブログだからけっこう言いたいこと言ってますねー。

カマシ・ワシントンはジャズではないのでカウント外とすると、このリストではジャズもカントリーも、そして話題にも上がらないワールドミュージックもすべて、「全滅」「ゼロ」「ダメダメ」ということなのでしょう。

ただ、ジャズに関しては別に時代の流れという訳ではなくて、昔からこういうリストにランク入りすることは無かったですよね。「何をいまさら」とは思います。
ワールドミュージックも(「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」みたいなごく稀な例を除けば)昔からほぼ聴かれてこなかったですし。

逆にカントリーは音楽シーンじたいが下火になっているのは確かなんでしょうね。かつてはガース・ブルックスやシャナイア・トウェインなど数百万レベルでアルバムを売り上げていたはずなので。
いまは言われるほどHIP HOP全盛ではない、という意見は実はその通りなのかも。

2010年代とは何だったのか?

ううーん、それにしてもこのDoscogsのリストですが、自分でアルバム買ったりSpotifyなどでちゃんと聴いたアルバムがほぼ皆無ですね。はっきり言って知らないアルバムばっかり。

こういうのリストを見てると完全に時代から取り残されている気がします。

改めてちょっと調べてみると、pitchforkやAOTYも同じような2010年代ベストのリストを出していましたね。ユーザー採点を元にランキングしたり選ばれるアルバムもけっこう違っていますが、ランク上位はかぶっていますし、ほとんど聴いたことないランキングということは変わらないかな。

(私的)2010年代とは

ここからは個人的に思う2010年代のはなし。

わたしが音楽を聴いてきたのはほとんどが2010年代になります。それ以前となるとリアルタイムで体験した訳ではなく、ネットや本などの情報で知っているだけですね。

最近、このブログで取り上げたアルバムのIndexを作ったのですが、アルバム数をカウントするとちょうど100枚くらいになっていました。リリース年から自分の興味のある音楽がいつごろリリースされているのかちょっと集計してみました。

そのグラフがこちらです。


新譜の話題も多いので今年(2019年)リリースのアルバムの投稿は多くなっています。
あと、1980年以前が少なくなっているのは特に興味がないとか嫌いとかではなくて、単にブログで投稿していないだけですね。たとえばマイルス・デイビスとかアレサ・フランクリンなどは語りつくされている感もありますし。

こうやって眺めてみると、個人的にアンテナにひっかかる音楽がいちばん多いのは、ちょうど2000年くらいみたい。
実はこれはじぶんの感覚とも一致していて、#私を構成する9枚でも、9枚中の5枚のアルバムが1999年から2003年の間にリリースされています。

黄金時代はもう過ぎ去った

50年代のモダンジャズが好きという人もいれば、90年代ブリティッシュポップが最高という人もいるなどさまざま。
そういう時代性で言うと、わたしにとっては2000年くらいの音楽が一番しっくりくるのかも。黄金時代(Golden Era)ですね。あまりこのくらいの時期が好きという人は聴いたことありませんが、というか私もそういう意識は無かったですが。
逆に2010年代以降の音楽はあまりピンと来ていないみたい。

※2010年代以降はあまりピンと来ていないに、ちょっと補足

いろんなジャンルをまとめちゃうのも乱暴なので、このグラフをジャズとそれ以外で分けて集計するとこうなります。

ジャズ

ジャズ以外

興味ある音楽が2000年付近に固まっているのは「ジャズ以外」、主にワールドミュージックと電子音楽ですね。
ジャズは割と2000年以降も気になる作品が継続的にリリースされていたみたい

ミレニアムに何が起こっていたのか

2000年くらいの記憶は全くないのですが、いったい何があったんでしょうね?
音楽に関するなにかエポックメイキングな出来事ってあったのかな?
インターネットの登場?初代ipodの発売?(これは2001年)

ミュージシャンのレベルがこの時期に高かったということはさすがに無いと思いますが、テクノロジーの発展でそれまであまり注目されなかったミュージシャンの音楽が一気にリスナーの耳に届くようになった時期なのかも。

全く違うジャンルの映画について調べてみても、この時代の映画は印象深いものが多いと思います。
『ビッグ・リボウスキ』1998年
『ファイトクラブ』1999年
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』2000年
こういう素晴らしい名作が公開されたりしてます。(他にもあるけど)

また、人気シリーズもの第1作目が立て続けに公開された時期でもありますね。
『マトリックス』1999年
『スター・ウォーズ EP1』1999年
『X-MEN』2000年
『ハリー・ポッターと賢者の石』2001年
『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』2001年
『スパイダーマン』(2002年)

それまでの感覚からガラッと方向転換して、現在まで続く映画シーンの流れが決定づけられた時期なのかも。
逆にいまは2000年くらいに作られた映画のかたちが惰性で続いているとも言えるかも。

2000年くらいって、なかなか音楽も映画もなかなかエキサイティングな時期だったのかも
それに比べて音楽でいうと2010年代は自分にとってはあまり馴染みがない感じになっちゃってます。
裏を返せばそこはまだまだ知らないミュージシャンたちがいるということ。これは気合を入れてリサーチせねば、、

雑談
スポンサーリンク
サナコレ